Dead by Daylight 知識 読み物 その他

【Dead by Daylight・DbD】マッチングしない!遅い!時の対応

投稿日:2018年6月7日 更新日:

マッチングしない時の対応

Dead by Daylight(デッドバイデイライト、DbD)でマッチングができない、遅い。その原因、対応についてまとめました。








マッチングしない時の対策

DbD公認コミュニティモデレーターの@don_21stさんがこんなツイートをしていました。

1分以上待ったら、一度解除して参加し直すのが良いようです。

最後の「一瞬鬼になる」は効果を実感できた事が何度かあります。

メニューで殺人鬼に切り替えてプレイせずに生存者側に戻すだけです。

ただ、何をやっても繋がらない時は繋がりませんね…。

マッチングしない、遅い原因

ランクが高い、低い

ランクはできるだけ同じ人とマッチングする仕様になっているため、マッチングが遅くなっている可能性があります。

高ランクや低ランクは人数が少ないので、これは仕方がないことですね。

ランクは毎月13日にリセットされます。

ランクが低いプレイヤーはランクリセット後にたくさんプレイしてランクをある程度あげておきましょう。

ゲームの人口が増えれば触れるほどこの問題は解消されていくでしょう。

 

DL版、パッケージ版の発売もあり、日本のDbDプレイヤーの数はかなり増えました。

初期の頃よりマッチングは早くなり、pingが真っ赤ということも少なくなりました。

SteamChartsにてSteam版DbDの接続数を見ることができます。

2018年の9月24日に62756人という最大同時接続数を達成しています。

まだまだ盛り上がりを見れそうです。

キラーが少ない

DbDはキラーがホストとなって部屋を作り、そこに生存者が4人集まってゲームがスタートします。

つまり、キラーが居ないと部屋が立たないんです。

DbDでは生存者側の方がプレイヤーが圧倒的に多く、常にキラー不足です。(新キラーリリース後の時はキラーの方が多い)

生存者では全くマッチングしませんが、キラーをやるとあっさりマッチングすることがあります。

生存者ばかりやっている人は是非キラーもプレイしましょう。

DbDはキラープレイもとても楽しいです。

生存者には固有の能力はないので、どの生存者を使っても実質同じですが、キラーはキャラクターごとに性能もまるで違うし、パークやアドオンでも更に大きく変わります。

キラーをプレイすることにより、キラー側の考えやされて嫌なことがわかり、生存者のプレイに生きてくることも多いにあります。

とにかくキラーをプレイしましょう!

このブログでキラーのコツや強力なパークなどを紹介しています。

参考にして頑張ってみて下さい。

おすすめ記事

時間帯

矛盾しているようですが接続数が少ない時間のほうが繋がりやすいです。

キラーに対し生存者の数が多すぎるからです。

特定の時間しかプレイできない!って人は仕方がありませんね。

SteamChartsにて時間帯別で見ると、朝7:00~18:00ぐらいは接続数は比較的少なく、19時から徐々に増えて23時前後にピークが来て、またゆるやかに減っていきます。

PS4版の接続数は見ることが出来ませんが、概ね同じでしょう。

ピークの時間を意識してみると繋がりやすくなると思います。

パーティーモード

フレンドと一緒に2人以上でプレイするモード、SWF(Survive With Friends)モードでは。人数分空いている部屋を検索することになるので、当然繋がりにくいです。

気長に待つしかありません。

PSNの障害・メンテナンス

PS4でプレイしている場合はPSN(PlayStationNetwork)に問題が発生しているケースも稀にあります。

エラーコード8014

PSNに問題が発生している場合エラーコード:8014と出ます。

PSNの障害・メンテナンス情報はこちら
PlayStationNetwork 障害・メンテナンス情報

Twitterをやっている方は@psn_info_jp@psn_jp_statusをフォローしておくと便利です。

ただし、これらは情報が遅いケースが多いです。

Twitterで[PSN 障害]や[PSN メンテ]と検索するほうが情報は早いでしょう。

マッチングシステム改善予定

新マッチングシステム

2018年11月26日に公式(英文)から新マッチングシステムについて発表がありました。

重要なポイントを要約すると

  • 極端に長いマッチメイキングが減り、すべてのプレイヤーがほぼ同じ待機時間になる。
  • オンラインロビーには4人の生存者がほぼ同時に現れるようになる。
  • 2019年1月までに全てのプラットフォームで実装予定(アップデートの必要なし)

 

従来のマッチメイキングシステムでは、新しく立てられた部屋が古い部屋より良いマッチングだった場合に、先にマッチしてしまうことがありましたが、新システムは古いロビーから一定のプレイヤーを抜き出してマッチメイクするのでこのようなことは起こりません。

2019年1月にはシステムの裏側で実装されているようなので、その頃にはよりマッチングしやすくなっているはずです。

2019年夏、専用サーバー制に以降予定

2019年夏に全プラットフォームでP2P通信から専用サーバー制に移行することが発表されました。

従来の方式だとキラー側が部屋を作ってそこに生存者4人が集まってくるというシステムでしたが、専用サーバーの場合はキラー、生存者ともに専用サーバーに接続する方式になるようです。

キラー側が抜けるとまた部屋に入り直し…ということもなくなるでしょう。

メリットが大きいようなのでプレイヤーにとってはありがたいことですね。

まとめ

すぐに繋がるような裏技は存在しません!

繋ぎ直したり、気長に待ちましょう。

 

こちらの記事が時間つぶしにオススメです。

キラーの過去や元ネタを知るとよりゲームを楽しめますよ!

おすすめ記事

DbD情報局@DbDinformationというアカウントで、このブログのDbD記事を更新や、その他DbDに関する最新情報をお伝えします。是非フォローしてください。

音がとても重要な「Dead by Daylight」のプレイにはゲーミングヘッドセットがおすすめです!

足音や息遣いを聞き逃さなかったり、音の方向もわかりやすくなります。友達とのVC(ボイスチャット)もとても楽しいです!

最近では3000円前後と、とてもお求めやすいですよ!







-Dead by Daylight, 知識 読み物 その他
-




プロフィール
プロフィール

管理人のびろり(@Birori_7144)です。

麻雀で生活→ポーカーで生活→株取引で生活

のらりくらりやっています。