コントローラー スト6

【2024年版】スト6でおすすめなプロ使用コントローラーまとめ

スト6ではどのコントローラーが最適?

現在スト6で使われている主なデバイスはパッド、アケコン、レバーレスの3種類です。

結論から言うと強さで言えばどのコントローラーが最強か明確な答えはありません

プロシーンではパッドからアケコン、レバーレスを用いた様々な選手が世界大会で優勝を収めています。

とにかく慣れ親しんだデバイスで操作することを強くおすすめします。どのデバイスを用いてもプラチナやマスターを目指すのに全く問題はありません。

また、憧れの選手や好きなストリーマーが使っているものを真似るのもいいでしょう。
当記事では世界大会などで活躍する有名プレイヤーや有名ストリーマーも合わせて紹介していますのでご参考にして下さい。


各プレイヤー別で使用コントローラーをまとめた記事はコチラ

パッド編

パッドはこんな方におすすめ

  • 他デバイスと比べて安価
  • パッドで色んなゲームを遊んできた
  • 静音性が高い
  • 持ち運びしやすい
  • モダン操作に向いている
  • ワールドツアー、バトルハブでのカメラ操作がしやすい(右スティック有タイプ)

パッドは他デバイスに比べ5000円~ぐらいから十分に使え、ものによっては2万超えなど高価なものもありますが、比較的安価で手に入るでしょう。

格ゲーはレバーで遊ぶもの!というイメージがある方もいるかもしれませんが、昔はたしかにそうでしたが現在は全くそんなことはありません。MenaRDをはじめ、パッドで活躍するプロも多数おり、海外ではむしろパッドで活躍するプロばかりです。

操作中、音は小さいので同居人や隣人への配慮が必要な場合、パッドでのプレイであれば問題ないでしょう。

オフイベントやオフライン大会などに参加したい方には持ち運びしやすいのものメリットとなります。

モダン操作はカプコンがパッドでのプレイを前提に作られており、非常にパッド向きの操作スタイルだなと感じます。モダンでプレイする予定の方はパッドでプレイするのをオススメします。

ワールドツアー、バトルハブモードではプレイヤーが自由にマップを走り回るため右スティックのカメラ操作が必要になってきます。アケコンやレバーでも遊べるように工夫がなされていますが、右スティックのあるパッドのほうがカメラ操作をしやすいのは間違いないです。

パッドのデメリット

  • 壊れてしまった場合はほぼ新品買い直し
  • コマンド入力が難しい
  • ボタンの同時押しや、ピアノ押しなどが難しい
  • カスタマイズ性は低い

ボタンや十字キーなどが壊れてしまった場合に素人にはメンテナンスや修理は困難だと思われます。ほぼ新品で買い直すことになってしまうでしょう。

操作はどうしても両手の親指をメインで動かすのでコマンド入力やボタンを素早く2回押す技術(ピアノ押し)などは難しいです。

また、デザインを変えたり、ボタン位置や大きさの変更などはレバーなどに比べて困難です。 

PS4
PS5
PC
ケーブル有無無線不可
特徴十字キー感度調整有り、天面6ボタン

有名使用プレイヤー

板橋ザンギエフ
竹内ジョン
cosa(元かべ)

ファイティングコマンダーOCTAのデメリット

  • 非常に人気で定価で入手しづらい
  • 有線のみで無線では使用不可
  • 右スティックが無い(PC板はあり)

ファイティングコマンダーOCTAのメリット

  • PS4&5、PC、全てのプラットフォームに対応
  • 天面に6ボタンがある
  • 天面6ボタンある中で低価格、高品質
  • 十字キーの感度調整あり

スト6をパッドでプレイしたい!という方にはまずこのOCTAをオススメします。多くのプロゲーマーやストリーマー達も使用し、格ゲー用パッドとして広く愛されています。

非常に人気の賞品で未だ定価(6980円)で入手することが難しくなっています。欲しい方はこまめにチェックし、定価で入手できる際はお早めの購入をオススメします。

全媒体で使え、天面6ボタンの合計10個なのでクラシック操作でも扱いやすいです。純正コントローラーの場合ボタンはボタンが8個なのでパリィやインパクトに、ケンの奮迅やブランカのサプライズフォワードボタンが欲しい!となった時に足りなくなる可能性があります。

天面に6ボタンあるタイプの中では非常に低価格なのも魅力的です。他天面6ボタンあるタイプは2万円を超えるものばかりです。

公式のツールを用いて十字キーの操作感度を設定可能で、斜めを入れやすくしたり、前にあるくはずが前ジャンプしてしまった!というった暴発を防ぐことができます。

ボタン部分はキースイッチを採用しておりマウスのようなクリック感で反応し、ストロークは浅いので反応速度、押し感、共に優れています。

PS4
PS5
PC
ケーブル有無有線/無線可
特徴豊富なカラー、入手しやすい
PS4
PS5
PC
ケーブル有無有線/無線可
特徴豊富なカラー、入手しやすい

有名使用プレイヤー

MenaRD
Punk
Problem X

PS純正コントローラーのデメリット

  • 天面4ボタンの合計8ボタン(DualSense Edgeは10ボタン)
  • DUALSHOCK4はそのままPS5では使えない(コンバーターで使用可)

PS純正コントローラーのメリット

  • 手に入りやすい
  • カラーの豊富さ
  • 右スティック有り
  • 有線でも無線でも使用可

いわゆるPS純正コントローラー。十字キー部分は4つに別れたボタンのようになっているのでこちらのほうが入力しやすいという人も多い。

純正コンのデメリットは合計8ボタンくらいなことでしょう。モダンの場合は8ボタンで十分ですし、海外で活躍するプロゲーマーの多くはパッドでクラシックをプレイして好成績を収めています。もし、ボタンがどうしても欲しいとなった場合は高価になりますがDualSense Edgeに移行すれば慣れ親しんだ形のまま、背面ボタンを2つ増やすことが可能です。

PS4純正コンであるDUALSHOCK4はPS5版ではそのまま使うことができません。EVOJなどに参加する際はPS5使用なので困りますがWingman FGCコンバーターを使用することでPS5でも使うことができます。

カプコンは純正コンであるこのコントローラーを想定してモダン操作などを制作しているのでプレイしづらいことはあり得ません。右スティックがあるのでカメラ操作が必要なワールドツアーやバトルハブもプレイしやすいです。

豊富なカラーと壊れても入手しやすい点は魅力。情報が多いので、様々トラブルも調べやすいのは間違いないです。他ゲーにも使いたいという方には間違いないコントローラーです。

高額にはなりますが、背面ボタンやトリガーボタン(L2R2)の深度調整、スティックの感度調整などが追加されているEdgeバージョンもあります。純正に慣れ親しんでいるけどボタンがもっと欲しい!という方におすすめです。

PS4
PS5
PC
ケーブル有無有線/無線可
特徴キーパッドカスタマイズ、背面ボタン、右6ボタン、トリガー深度調整

有名使用プレイヤー

関優太(StylishNoob)
赤見かるび
天鬼ぷるる

十字キー部分は3種類に変更可能で好みのものを選択可能。右側は格ゲー用となる6ボタンにすることができる。背面ボタンはなんと4つもあり、専用ツールで好きに設定可能。R2L2は好みの深さに5段階で調節可能でインパクトなどを設定した場合浅くすることにより素早く反応することができる。

比較的高価な代物だが、右スティックを増やしたりなどカスタマイス可能なので他ゲームでも確実に使えます。とにかくいいパッドを使いたい!という方はこちらで間違いないと思います。

一時期非常に品薄で入手困難だったので、欲しい方は定価で売っている内に手に入れておこう。

パッドではPS4&5で使用できないものもありますが、こちらのコンバーターを使用すれば簡単に接続することが出来ます。(※ものによるのでよく調べて下さい)対戦会などではPC版ではなくPS5で行われることも少なくないので持っておくと安心です。

パッドでのプレイは特に左手の親指を酷使するので痛めてしまうことが多々あります。最悪、皮が剥けて痛い思いをしてしまいます。

指サックをつけると痛くなることはなくなり、すべりが良くなることでコマンド入力速度が上がったり、手汗をかいても同じパフォーマンスでプレイすることができます。

ゲーミンググローブは手のひらの汗対策になります。持ち手がすべったり汚れなどの防止になります。汗をかいても同じパフォーマンスでプレイすることができるでしょう。

指先が出てないタイプもあります。

アケコン(アーケードコントローラー、レバー)編

アケコンはこんな方におすすめ

  • 直感的な操作感覚
  • ゲームセンターで他格ゲーもプレイ可能に
  • ガチャ昇竜の入力スピード
  • カスタマイズ性が高い

元々格ゲーはゲームセンターでレバー操作から生まれたものです。格ゲーといえばアケコンで遊ぶものという方もおられると思います。
現在はレバーレスを使用しているプロもかなり増えてきましたがまだまだアケコンを用いてトップを争うプロは沢山いるので強さの点で問題は無いでしょう。

表裏どちらにも素早く昇龍拳を出すことができたり、昇竜コマンドを仕込み続けることができる、いわゆるガチャ昇竜はレバーならではの入力でかなり簡単です。これはレバーレスやパッドでは難しいです。昇竜コマンドを持っているキャラクターを使う予定の方はアケコンだとそのメリットを享受できます。

カスタマイズ性はかなり高く、天板を好きなイラストに変えたり、ボタンを増やしたり、大きさや固さを変えたりなど、自分に合わせたカスタマイズは素人でも調べれば簡単にできるのもメリットです。自分好みの好きなデザインと操作性に変えてしまいましょう。

アケコンのデメリット

  • 持ち運びに不便
  • 音が大きい(静音レバー&ボタンタイプあり)
  • コマンド入力はレバーレスと比べるとスピードは落ちる

EVOなど大きなオフライン大会や各地域で行われているオフライン対戦会などに参加する際には重く、大きいので持ち運びには大変不便です。

レバーやボタン音は通常のものですと大きいので、隣人や同居人の方に配慮が必要のある方は、静音性のものに変えるなど何らかの対処が必要です。

波動拳や昇龍拳などのコマンド入力はレバーレスの最速入力に比べると劣ります。

PS4
PS5
PC
レバーQanba自社製オムロンスイッチ
ボタンQanba自社製30mm
ボタン配列ビュウリックス配列
幅×奥行き×高さ(cm)35.6×22.1×11.6(レバー部分含む)
重さ1.25kg
特徴比較的安価、ケーブル収納可

他商品と比べて小さく重さも1.25kgと比較的軽いのでアケコンの中では持ち運びはしやすいです。

比較的安価で手に入るので初めてレバーを触ってみたいという方のエントリーモデルとしておすすめです。

PS4
PS5
PC
レバー自社製HAYABUSA
ボタン自社製HAYABUSA 30mm
ボタン配列ビュウリックス配列
幅×奥行き×高さ(cm)43×24×11.4(レバー部分含む)
重さ2.2kg
特徴ケーブル収納可
PS4
PS5
PC
レバー自社製HAYABUSA
ボタン自社製HAYABUSA 30mm
ボタン配列ノワール配列
幅×奥行き×高さ(cm)43×27×12(レバー部分含む)
重さ2.9kg
特徴比較的安価、ケーブル収納可

有名使用プレイヤー

AngryBird

HORI製品の古いモデルですがPS5でも使用可能です。未だ使用している人は多く愛されているアケコンです。私もストVではこちらを使用していました。

上に紹介したDrone 2と比べて大きく重たいですが、激しい操作でも安定感があり、これぐらいの重さがあったほうがいいという方もおられます。

初めてのアケコンをとりあえず安めに手に入れたいという方におすすめです。

PS4
PS5
PC
レバー自社製HAYABUSA
ボタン自社製HAYABUSA 30mm
ボタン配列ノワール配列
幅×奥行き×高さ(cm)41×30×12(レバー部分含む)
重さ2.7kg
特徴天板換装可、ワンタッチ内部開閉、滑り止め付き

有名使用プレイヤー

sako
なるお

昔から安価で高品質なアケコンを作り続けてきたHORIさんのスト6のために作られたアケコンと言っていいでしょう。

天板デザインは簡単に開ける仕組みになっており公式サイトのテンプレートデータを使って自分オリジナルのイラストに簡単に変えることが出来ます。

また、ワンタッチでパカっと内部が開くようになっており、コードや小物をしまったり、ボタン等を簡単にメンテナンスすることが出来ます。

レバーやボタンも従来品と比べ、斜め入力がしやすくなったりストロークが短くなったりなどアップグレードされています。

この価格帯のアケコンでは最もおすすめです!

レバーとボタンを静音性のものに換装した静音タイプもあります。音が気になる方はこちらをどうぞ。

PS4
PS5
PC
レバー三和電子JLF
ボタン三和電子OBSF 30mm
ボタン配列ビュウリックス配列
幅×奥行き×高さ(cm)46.1×26.6×12.1(レバー部分含む)
重さ3.0kg
特徴ケーブル収納、滑り止め付き
PS4
PS5
PC
レバー三和電子JLF
ボタン三和電子OBSF 30mm
ボタン配列ビュウリックス配列
幅×奥行き×高さ(cm)48.6×26×11.6(レバー部分含む)
重さ3.35kg
特徴ケーブル収納、滑り止め付き、ナスレバー付

有名使用プレイヤー

どぐら
ボンちゃん
BigBird

現在のプロシーンでも非常によく使われており、現在はレバーレスに以降したときど選手も以前はこのObsidianを使用していました。

レバーとボタンは昔から格ゲーマーに愛される三和電子製。壊れた際も簡単に同じものに交換できるでしょう。

上から見るとわかりにくいですが上面は緩やかな傾斜になっており平らなタイプより違和感なく操作できます。

PS4
PS5
PC
レバー三和電子JLF
ボタン三和電子OBSF 30mm
ボタン配列ビュウリックス配列
幅×奥行き×高さ(cm)38×26×12(レバー部分含む)
重さ3.4kg
特徴ケーブル収納、滑り止め付き、天板換装可

有名使用プレイヤー

ふ~ど
かずのこ
こく兄、こくじん

プロシーンでよく使用されているアケコンとしてはObsidianとこのPanthera(パンテラ)の二大巨頭といった感じでしょう。

今でもかなり多くのプロゲーマーが使用している。ワンタッチで中へアクセスでき、最新のボタンに変更や、穴を空けてボタン増設されています。新しい「Panthera Evo」ではワンタッチ開閉が無くなってしまっているので旧パンテラが人気の理由です。

天板が換装可能な仕組みになっているので好きなイラストなどに変えることも可能です。

現在販売は中止されており、Amazonでの中古品や、メルカリでしか入手できませんが多く流通しています。

PS4
PS5
PC
レバー三和電子JLF
シャフトThe Link2(着脱式レバー)
ボタン三和電子OBSF 30mm
ボタン配列ビュウリックス配列
幅×奥行き×高さ(cm)48×34×12(レバー部分含む)
重さ4.68kg
特徴ワンタッチ内部開閉、レバー着脱式、滑り止め付き

有名使用プレイヤー

Noble
ささ/Sasatikk

かなり高価なことは否めませんがデザインは非常に洗練されており美しいです。天板はなんとアルミ製でさわり心地は非常に滑らか。

内部へのアクセスは裏側から簡単に開くことができ、中には替えのレバーをしまう場所もあります。レバーは着脱式となっており、外に持っていく際には外してレバーの出っ張り部分を無くすことで持ち運びやすくできます。

上部に取っ手がついており、ストラップなどを通せば肩掛けカバンのように持ち運ぶことも可能。裏面両側に持ち手となる穴もあります。

ケーブル部分の端子が広く使われるType-Cなのでもし無くしても安心です。

非常に高価ですが、デザイン&機能性は抜群です。失敗したくないという人には間違いないでしょう。

レバーレス編

レバーレスはこんな方におすすめ

  • WASD操作に慣れている
  • コマンド入力速度が速い
  • コマンドの正確性が高い
  • メンテナンスが楽
  • カスタマイズ性が高い

FPSなどのゲームでキーボードのWASD操作に慣れいている方は比較的スムーズに操作できるかもしれません。レバーレスを買う前にキーボードで操作してみるのはオススメです。

波動拳や昇龍拳、前ステップなどのコマンド入力速度は他デバイスと比べて確実に速く入力できるでしょう。また、パッドやレバーのように勢い余ってジャンプしてしまうということは絶対にありません。

全てボタンで構成されているので壊れてしまっても、そのボタンのみを交換すればいいだけなので素人でも簡単です。
レバーと同じく天板を好きなイラストにしたり、ボタンをより良いものに簡単に変えることができます。

レバーレスのデメリット

  • 高価なものが多い
  • 慣れるまでには時間がかかる
  • 真空コマンドやガチャ昇竜は難しい

レバーレスはまだ歴史が浅く大量生産されておらず、比較的高価なものが多いです。人気のものは入手に時間がかかるかもしれません。

操作は人によりますが時間がかかる人はかなりかかるようです。FPSなどのゲームでWASD操作に慣れている人はスムーズなことが多いです。私自身は2週間ほどで違和感はなくなりましたが個人差は大きいと思います。

短いコマンド入力はかなり速いですが、波動拳を2回連続で入力する真空コマンドや、昇龍拳を連続で入力可能なガチャ昇竜はレバーレスで行うのは難しいです。

PS4
PS5
PC
ボタンLEOBOG Graywood V4 16個
幅×奥行き×高さ(cm)19.6×12.5×1.6
重さ約450g
特徴天板換装可、ボタン16個
PS4
PS5
PC
ボタンKailh Low Profile Choc V2 16個
幅×奥行き×高さ(cm)29.6×19.6×1.28
重さ約915g
特徴天板換装可、ボタン16個

比較的安価で高評価を博しているHaute42シリーズです。かなり小さめなので膝置きする場合は大きめの板などがあるといいでしょう。

ボタンも16個と十分な数があり、好きなところにパリィやインパクトボタンを設定することが出来ます。

安めにレバーレスを試してみたいという方におすすめです。

PS4
PS5
PC
ボタンPUNK WORKSHOP PRO BUTTON
幅×奥行き×高さ(cm)約30×約20×約3.2
重さ約1.5kg
特徴内部開閉、静音、高性能ボタン

有名使用プレイヤー

シュート
ガチくん
ナウマン

多くの強豪プレイヤー達が使用しているレバーレスです。

新調されたPUNKWORKオリジナルのボタンはかなりの高品質でストロークが短く静音性も高いです。改造する必要は無いでしょう。

マグネットで天板が固定されており、小物をしまったりメンテナンスも簡単です。

穴を開けやすい素材で出来ているのでもしボタンを増設したい場合はドリルで開けることができます。

個人的には一番おすすめのレバーレスです。私もこちらを使用しています。

PS4
PS5
PC
ボタンRazer Kitsune Optical Switches
幅×奥行き×高さ(cm)29.6×21×1.92
重さ810g
特徴滑り止め付き

有名使用プレイヤー

Chris Wong
けんき

プロゲーマー達に高評価なレバーを作ってきたRazerが薄型レバーレスを新商品として出しました。

ボタンのこだわりが素晴らしく、静音性、反応速度ともに最高級です。

Hauteシリーズと比べると大きいですが、手のひらが乗ったり、膝置きするのにちょうどいい大きさです。カバンには十分入る大きさでしょう。

デザイン、性能ともにかなり優れています。かっこいい薄型レバーレスが欲しいという方にオススメです。

非常にかっこいい春麗とキャミィデザインのバージョンもあります。

PS4
PS5
PC
ボタン三和電子OBSF
幅×奥行き×高さ(cm)40.6×17.9×4.9
重さ約2.0kg

有名使用プレイヤー

ウメハラ
ときど
カワノ

レバーレスといえばHitBoxというイメージの方も多いでしょう。この形のコントローラーを開発した元祖レバーレスです。

今となっては内部アクセスのしにくさや、サイズが大きいことなど不便な点はありますが、使い続けているプレイヤーも多く居ます。

天面はアクリル性なのでボタン増設にドリルで穴を開けることは可能です。ウメハラ選手、ときど選手はボタンを増設されていますね。

憧れのプレイヤーと同じものを使いたい!という方やレバーレスでもある程度重量があってブレにくいほうがいい方にオススメです。

PS4
PS5
PC
ボタン三和電子OBSF
幅×奥行き×高さ(cm)48×34×12
重さ4.68kg
特徴ワンタッチ内部開閉、滑り止め付き

有名使用プレイヤー

ももち
ヤマグチ選手
釈迦

レバーレスの中では最高級品と言えるでしょう。レバータイプとレバー部分以外は特に違いはありません。

コンバーターを使わずにそのままPS5で使えるレバーレスは少ないので貴重です。

上部に取っ手がついており、ストラップなどを通せば肩掛けカバンのように持ち運ぶことも可能。裏面両側に持ち手となる穴もあります。

ケーブル部分の端子が広く使われるType-Cなのでもし無くしても安心です。

非常に高価ですが、デザイン&機能性は抜群です。失敗したくないという人には間違いないでしょう。

レバーレスはPS4&5で使用できないものが多いですが、こちらのコンバーターを使用すれば簡単に接続することが出来ます。対戦会などではPC版ではなくPS5で行われることも少なくないので持っておくと安心です。

小さいので簡単に中が開くタイプのものであれば中にしまっておくと便利です。

レバーレスは指を滑らせる動作(弾き)が必要なことがあります。指サックを付けることで指先の滑りを良くし、より高速入力することが可能となります。

レバーレスを用いてるもけ選手や藤村選手、ナウマン選手など、プロゲーマーで指サックを使用している選手が増えています。

手汗をかいてもパフォーマンスが変わらないのでオススメです。

-コントローラー, スト6
-, ,