Dead by Daylight 背景・過去・設定など

【Dead by Daylight・DbD】ハントレスの過去・元ネタ・鼻歌などまとめ

投稿日:2019年3月15日 更新日:

【Dead by Daylight・DbD】ハントレスの過去・元ネタ・鼻歌などまとめ

Dead by Daylight(デッドバイデイライト、DbD)初の遠距離攻撃持ちキラーの「ハントレス」。彼女のつらく悲しい過去や、あの不気味な鼻歌について調べました。



ハントレスの基本情報

本名:アナ
別名:Анна (ロシア語読みでアンナ),Bear(開発中の名称)
性別:女
出身:ロシア
根城:レッド・フォレスト
武器:幅広い斧
能力:狩猟用ハチェット
声優:Amélie Leguiader

 

ハントレスの過去

アナが歩けるようになると、彼女の母親はすぐに北部の森での厳しい孤独な生活を生き延びる方法の教育を始めた。危険に満ちた遠隔地で生きるには、能力と不屈の心身が必要であるからだ。生産的なことをするには日光が弱まりすぎたときは、親子は厳しい冬でも耐えられるように建てられた小屋に避難していた。アナは暖炉の近くで母の腕に抱かれ、アナのために作られた木製の玩具や仮面に囲まれて眠りについた。おとぎ話や子守唄で眠りに落ちていく彼女は幸せな夢を見ることができた。全てを変える出来事が目の前に迫っているとも知らずに。

アナと母親は大きなヘラジカの後を尾行していた。危険な獲物であることは分かっていたが、その冬は特に厳しく、食料がほぼ底をついていたのだ。餓死の恐怖は森のどんな生き物よりも親子を怯えさせた。ヘラジカは突然後ろ足で立ち上がり、吠えてアナに突進してきた。彼女は恐怖で硬直し、全ての世界が巨大な獣の蹄の下で揺れ動くように感じた。アナがヘラジカの眼に宿る怒りの炎を見ることができるほどの距離に近づいた瞬間、母親が斧を持ってアナの前に飛び出した。彼女がヘラジカが振りほどこうとする間、全力で何度も何度も斧をその頭に振り下ろした。嫌な音とともにヘラジカの角は折れ、アナの母親は自由となり、ヘラジカは崩れ落ちた。

アナは重症を負った母親の身体を動かすには幼すぎたため、彼女が落ちた場所で座り、寄り添うことしかできなかった。ヘラジカの断末魔からアナの気をそらすため、母親はアナを抱きしめ、大好きな子守唄を歌った。女狩人とヘラジカが静かに、そして冷たくなっていく間、親子は最期の時を過ごした。そしてアナは静寂な森の中に独り残された。ついにアナは立ち上がり、家への長い帰路についた。

まだ子供であったが、アナは森の中で生き延びるだけの必要な知識を備えていた。彼女は自分の感覚に従い、野で生きる存在となった。彼女は成長して強くなり、狩りの練習に励んだ。アナが危険な捕食者に成長すると、彼女の人間性は遠い日の思い出と消えていった。

彼女は縄張りを広げ、狩りの日々を過ごしていた。彼女の獲物はリス、兎、イタチ、キツネと困難なものに変化していったが、最終的に彼女はそれらに飽き、狼や熊のような危険な生き物を狩るようになった。しかしある時何も知らない旅行者が彼女の森を通ったとき、彼女は新しい自分好みの獲物を発見することとなった。人間である。彼女の縄張りに足を踏み入れてしまった不運な人間は、他の動物と同じように屠殺された。彼女は彼らが持ち込んだ道具やカラフルな衣服、そして特に獲物に子供が混じっていたときに持っている玩具を集めるのを好んだ。しかし、彼女は絶対に少女を手にかけることはなかった。

少女たちは森の奥にある住居に連れ去られた。少女たちは貴重であり、見つめていると彼女の心の奥深くで何かが目覚めた。彼女は愛する人――自らの子供――との親子関係を渇望するようになった。獲物から奪った木製の玩具や人形、彼女が読めない絵本に囲まれた少女たちは、荒縄で首を壁にきつく結び付けられていた。少女たちは外に出れば間違いなく殺されるため、自由にする訳にはいかなかったのである。

毎回、寒さか食糧不足か病気により少女たちは無駄に命を落とした。毎回、アナの心は苦痛と悲哀、そして狂気に沈んでいった。彼女はやり直しを強いられ、近隣の村を襲い、家族を皆殺しにして少女を誘拐するようになった。彼女は怯える子供達を落ち着かせるため、母親がはるか以前に作った動物の仮面を被った。村人たちはレッド・フォレストに潜み、男を殺して少女を食らう半人半獣の怪物、ハントレスの噂を語り合った。

その森にもついに戦禍が訪れた。ドイツ軍の兵士が崩壊しつつあるロシア帝国を攻撃するため森の中を行軍するようになったのだ。暗黒の時代において、旅行者は1人もいなくなった。村人たちは故郷を捨てて少女は見つからなくなり、兵士だけが残った。しかし兵士の多くは斧による酷い傷を負った状態で発見され、いくつもの小隊が謎の失踪を遂げた。戦争が終わるとハントレスの噂はレッド・フォレストの中に消えた。

ハントレス キャラクター情報 背景より

小さい頃に母親を亡くし、強くなっていったハントレス。

母親が死の間際に歌った子守唄は、あの鼻歌ということでしょう。めちゃくちゃ悲しい話ですね。

少女を誘拐するようになり、擬似的親子関係を望むも、死なせてしまうばかり。

少女達を怖がらせない為に、母親の形見であるうさぎの仮面を被っている…。

ハントレスのメメント・モリ

斧を何度も振り下ろすメメント・モリ。女性とは思えない強烈なパワーです。

ハントレスの鼻歌・元ネタ

ハントレスの鼻歌のフルバージョンはこちらで聴くことができます。後半に変化があって面白いですね。

ハントレスの鼻歌には実は元ネタがあり、ロシアの子守唄です。その曲がこちら

歌詞の訳は以下のとおりです。

眠れ、眠れ、眠れ
ベッドの端に寝てはいけない
さもないと小さな灰色オオカミがやってきて
おまえの脇腹をくわえて
森の中に連れて行き
柳の根元に埋めてしまう

ロシアでは「早く寝ないと狼が来てさらわれちゃうよ~」と寝かしつけるようです。

ハントレスの元ネタ・モデル

トラッパーのモデルとなった「13日の金曜日(2009年)」で、手斧を投げるシーンがありました。

ハントレスの能力はここから着想を得たのかもしれません。

 

ハントレスの明確な元ネタ、モデルと思われるものは見つけられませんでした。DbDのオリジナルキャラクターかと思われますが、何かありましたら情報をコメントお願いします。

ハントレスのマスク・素顔

ハントレスのうさぎのお面はゲーム「BioShock」に登場する「スパイダー・スプライサー」にインスパイアを受けています。

スパイダー・スプライサー

BioShock Wikiより

ゲーム内でのハントレスの素顔は一応こちら。

ハントレス素顔

素顔というよりは仮面下の造形であり隠れる前提なので、デザインされたものではないでしょう。

 

公式の商品ではない可能性が高いですが、素顔が見られるフィギュアも販売されていました。

バッチリその素顔を見ることができます。顔がズタズタですね。

ハントレスのコスプレ

ハントレスはコスプレ人気が高く、多くの人がハントレスのコスプレされています。


Youtubeにはマスクの作り方を公開されている方も。クオリティが高い!

まとめ

以上、ハントレスについてでした。

キラーの中で屈指の切ない過去話だと思います。とてもとても悲しい物語ですね。

>>>他キラーの過去が気になる方は「キラーの過去、元ネタ、素顔など紹介」へ

Amazonにはハントレスのマスクや衣装が販売されています。

DbDにはTシャツやパーカー、その他コスプレグッズなどがたくさんあります。

AmazonYahooショッピングにDbDグッズが多くあるので、是非一度ご覧になってみて下さい。

おすすめ記事

-Dead by Daylight, 背景・過去・設定など
-, , ,


コメントする