おすすめ

レスタミンコーワ糖衣錠は睡眠薬として使える

投稿日:2018年4月15日 更新日:

眠くないと、眠れない!

いつでもすぐ寝られる人って本当にうらやましい。金土と夜更かしをしてしまって明日仕事なのに眠れない、次の日早起きしなければならないときなど、中々眠れなくて困る時も多い。

睡眠不足はあらゆるクオリティが低下したり、美容、健康の面でもよくない。寝る前にスマホを見ない、食事をしない、ストレッチをするなど色々試したことはあるが自分はやっぱり眠くなければ眠れない。

初めては抵抗があったが薬を試してみることにした。

睡眠薬の成分

睡眠薬は色々あるがおそらく一番有名なのは「ドリエル」

他にも皇漢堂製薬の「リポスミン」、大正製薬の「ネオデイ」などがあるがこれらの成分はすべて同じ。成分として含まれているのがジフェンヒドラミン塩酸塩。かゆみや鼻炎の症状を抑えるのが主な効果だが眠くなってしまう副作用がある。睡眠薬はこの副作用を利用している。

レスタミンコーワは同じ成分でとても安価

かゆみや鼻炎の薬として販売されているのがレスタミンコーワ糖衣錠、成分は同じジフェンヒドラミン塩酸塩。

注意書き副作用として「服用後、乗り物又は機械類の運転操作をしないでください」とある。

薬局で市販されているがAmzonで買うこともできる。

レスタミンコーワ1錠には10mgジフェンヒドラミン塩酸塩が含まれているのでレスタミンコーワ5錠でドリエル2錠と同じ効果がある。

全く同じ成分なのにドリエルは1350円~1700円程度で販売されているのに対し、レスタミンコーワは120錠700~950円で販売されている。

一回の服用で計算するとドリエルは約250~280円レスタミンコーワは約30~40円となる、ものすごい差である。

実際にレスタミンコーワ糖衣錠を服用してみて

糖衣錠と書いてあるとおり少し甘く感じる。苦味は全く無いのでかなり飲みやすい。水なしでもいけちゃうくらい。

5錠飲むと30~1時間ぐらいで眠れるが、翌日も眠たいくらい効きすぎてしまう。なので自分は2錠服用するようにしている。2時間後くらいに眠たくなってきて眠りにつき翌日に響くこともなくなった。体重などで個人差があると思うので自分の適切な量を見つければいいと思う。

2錠だと120錠で60日分使える計算、早めに寝なきゃ!って日にしか使わないのであんまり減りません。

OD、副作用、注意点など

睡眠改善薬はあくまで一時的な睡眠不足の改善なので常用することは避けましょう。

服用を続けると耐性ができ、効きにくくなりOD(過剰摂取)なんてことは絶対止めましょう。

服用後は乗り物や機械類の操作は厳禁です。

お薬は用法・容量を守って正しく使いましょう。

まとめ

安価で解決できるようになって本当に重宝している。薬に頼るのは…みたいな感覚がなんとなくあるが、常用せずに、正しく使用すれば問題はない。中々眠れなくて困っている人は一度、薬を試してみるのも一つの手ですよ!







-おすすめ
-