TV番組

【ガキ使】登場したボードゲーム紹介

投稿日:2018年6月27日 更新日:

ガキ使ボードゲーム紹介

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!にて【世界のテーブルゲームを遊び尽くせ!】というタイトルで2018年3月と6月で合わせて3放送分、様々なボードゲームが遊ばれました。

普段からよくボードゲームで遊ぶので、この放送は嬉しく、私が遊んだことがあるゲームも多く登場していたので、紹介してみたいと思います。

追記:11/18(日)にまたボードゲーム回が放送されるようです!人気の企画となっているようで、とても嬉しいです!




アラジンズフライングカーペット

番組では「アラジンズフライングカーペット」という名前で紹介されていましたが、日本語版は「ゆらゆらバランスゲーム 空飛ぶじゅうたん」という名前ですね。

下から糸で釣り上がり、磁石で宙に浮いている絨毯に宝を乗せていき、落としてしまった人が負けというゲーム。

アラジンズフライングカーペット

宝は中が見えない袋から引き、大きさや重さは様々、けっこう絨毯一杯に乗るみたいですね。

5歳からと小さいお子さんも遊べるので家族でも楽しめそうです。

おばけキャッチ

緑色のビン、白いおばけ、赤いイス、青い本、灰色のネズミの中から正解の物をすばやく取るゲーム。

おばけキャッチ

カードを1枚めくり、絵の中に色も物も同じのがあれば、それをすばやく取る。

この場合は青い本があるのでそれをすばやく取る。

おばけキャッチ2

色と物が同じのがなければ色も物も無い物を取る。

緑のおばけに赤い本が乗っている絵。何も該当していないネズミが正解。

おばけキャッチ3

すばやく取るのは本当にむずかしいです。ある物と無いものを同時に探すのは困難で、時々なにが正解なのかわからなくなります(笑)

とても面白く人気のゲームですよ。

シュラーフミッツ

日本語名は「そっとおやすみ」です。

5枚の手札を1枚ずつ隣に渡していき、同じ種類の帽子を4色揃えたらアガリ、アガった人はカードをそっと伏せる

シュラーフミッツ

カードを伏せている人を見つけたら、自分の手札が揃っていなくとも伏せる

伏せるのが一番遅かった人が負けというゲーム。

このゲームはめちゃくちゃ面白いです。

特に、人数が多いと伏せた人を発見しにくくなるのでより面白くなります。

伏せた人を発見した時のドキドキ、多くの人が伏せ終えてるあの絶妙な間と時間がめちゃくちゃ笑えます。

ほぼルールは一緒ですが、UNOでいうリバースやスキップなどがある「ゾン噛ま」もオススメです。

特殊効果カードがあるため、倒すタイミングが増え、よりゲームが盛り上がります。

イラストもかわいいですよ。

こちらは拡張セット、カードを増やして最大6人のところが8人まで遊べるようになりますが、ぶっちゃけ9人以上でも全然遊べます。

9人以上で何度もやったことがありますが、鉄板で盛り上がる良ゲームです。

トイレットトラブル

顔が濡れるロシアンルーレット。

まあただの運ゲーですね(笑)

顔が濡れる緊張感はすごそうです(笑)

ナンジャモンジャ

めくったカードにあだ名をつけていき、あだ名をすでに付けたカードがめくれたら、最初にそのあだ名を言えた人が場にあるカードゲット。

全てめくっていきカード枚数が多いひとの勝ちです。

多くのYoutuberもプレイしており、人気な有名ゲームです。

あ!Youtubeでこのゲーム見たことある!とよく聞きます。

あだ名の付け方はなんでもいいので何回も遊べます。

対象年齢4歳からとお子さんのいる家庭でも遊べますね。

 

このゲームの面白いところは2戦目、前ゲームで付けた名前がちらつきこんがらがってきます(笑)

なので経験者のほうが不利な面がある、めずらしいゲームですね。

パーティゲーム寄りなゲームですがガチでやるとしたら自分しか知らない言葉や、早口言葉をあだ名にする戦略もあります(笑)

「シロ」と「ミドリ」があり、絵柄の種類が増えます。混ぜて遊べるので両方買ってもいいかもしれません。小さいお子さんのプレゼントによさそうですね。

パイフェイス!

パイ投げのロシアンルーレットです。

パイフェイス!

パイまみれになることはこうゆうゲームをやらないとそうそうないので、2次会などで案外盛り上がるかと思います。

持ち上がる手の部分にはパイ以外を乗せても遊べるみたいですね。

デジャブ

カードをめくっていき、同じ物が2回出てきたら該当した物を取る。

デジャブ

間違ったものを取っていると失格。同じ物は必ず2回までしか出てこないため、持っているものが出てくると間違いだとわかる。

色が同じものや形が似ているものが多くあるため、記憶が混同しやすくなっています。

このゲームをやったことはありませんが、ナンジャモンジャと同じく2回目のゲームがやばそうですね(笑)

ガキ使では皆間違えて2個しか取ってない浜田が優勝(笑)

デジャブ1

スピードカップス

めくれたカードの絵柄どうりにカップを並べて、ベルを押した人の勝ち。

絵柄は色で表した様々なものがあって良いですね。

スピードカップス

こうゆうのは大人より子供のほうが早かったりします。

ベルを押す楽しさがあり、けっこう盛り上がります。

ガキ使では浜田が謎の能力を発揮してダントツで優勝(笑)

スピードカップス1

拡張セットもあります。カップとカードが増えプレイ可能人数が4人から6人になります。

こちらにはベルがないのでこちらだけ買うと正式には遊べません。

WE WILL Rock you

配られたカードが自分のポーズとなり、ドン・ドン・タンとQueenのWe will rock youのリズムに合わせ、タンのところで自分のポーズ、次のタンで誰かのポーズを取ります。

WE WILL Rock you

続けて対象のポーズの人が自分のポーズ→誰かのポーズ…と続けていきます。

学校の休み時間であったようなゲームですね。

 

こうゆうゲームも大人不利ですね(笑)

ポーズが似てるものがあったりシュールなものだったりとやっていれば自然に笑えます。

WE WILL Rock you1

ダンシングエッグ

身体に多くの卵を挟んだ人が勝ちのゲーム。

ダンシングエッグ

まず赤のサイコロを振り、指定された行動を達成した人が卵をゲット。

ダンシングエッグ1

卵をゲットしたら白のサイコロを振り、指定された脇や首、股などに卵を挟む。

これを繰り返していきます。

股に挟むとテーブル1周は困難になるなど、卵を持てば持つほど不利になっていく仕組みです。

全員股に挟んでテーブル1周する絵面は面白いですね。

ガキ使では松本だけが卵を取る流れになり首3個両脇両腕で4個と大量に挟んで優勝(笑)

ダンシングエッグ2

ライトニング リアクション リローデッド

音楽が流れるので、止まった瞬間に早押しするゲーム。

一番遅い人に電流が流れる、椅子取りゲームのようなゲームですね。

段々と積み上げていくバランスゲーム、手札を無くすか、崩してしまったタイミングで手札が一番少ない人の勝利です。

こういったバランス系のゲームはいくつもありますが、個人的には一番好きなバランスゲームです。

土台カードを決められるので、リバースや山札を引かせたりなどで周りを勝たせないようにする戦略が意外とあるのが面白いですね。

リノカードを使うと、リノを移動しなければならず、バランスが際どい時はリノの移動で崩れてしまいます。

番組で遊んでいたのは巨大版。

キャプテン・リノ

巨大なほうが単純に面白いですが普通の家だとけっこう天井に到達してしまいます(笑)

巨大版をやる際は天井が高い場所で遊びましょう。

ブロックス

それぞれ四隅からブロックを置いていき、自分の色と必ず角が一点以上くっついていなければなりません

辺が接してしまう場合は置くことができません。

他プレイヤーのブロックと辺が接するのはOKです。

誰も置けなくなるまで続け、残ったブロック数ではなく、1マス1マスでカウントし、最も少ないプレイヤーが勝利です。

ブロックス

ルールがわかりやすく、つい「もう1回!」となるかなりオススメなゲームです。

ボードゲームは初めてです!って人にはこれをよく勧めます。

中々難しいですがブロック全てを置けたときはとても気持ちいいです。

トゥクトゥクウッドマン

側面が剥がれ落ちるようになっており、斧で叩いて樹皮を多くゲットした人の勝利。

トゥクトゥクウッドマン

崩したら負け、というゲームが多いですが、逆に崩していくのは新しいですね。

崩れそうになったら修正して…を繰り返していくので案外全部の樹皮が取れたりするんでしょうか?

絶妙な力加減が面白そうです。

まとめ

初回が好評だったのでまた企画されたんでしょうか?

ボードゲーム好きとしては嬉しいのでまたやってほしいですね。

ルールが複雑でじっくり考えるようなゲームはテレビ向きではないので紹介されにくいのが難点ですね。

ボードゲームって何?人生ゲームしか知らない!って人は、紹介された中ではブロックスナンジャモンジャキャプテン・リノがおすすめです。

ボードゲームはとんでもない量のゲーム数があるので時間がいくらあっても遊びきれません。

家に数種類置いておくと友達が来た時に盛り上がれて便利ですよ。

こういったテレビを機会にボードゲームが広がってくれると嬉しいです。







-TV番組
-, ,