Dead by Daylight 知識 読み物 その他

【Dead by Daylight・DbD】最新アップデート情報・内容

投稿日:2018年9月29日 更新日:

最新アップデート情報・内容

Dead by Daylight(デッドバイデイライト、DbD)の最新のアップデート情報です。

細かいバグ調整やシステム面、言語関係などは省略し、ゲームプレイに影響を与えるものを主にまとめています。

随時更新予定です。

DbD情報局@DbDinformationというアカウントで、このブログのDbD記事を更新や、その他DbDに関する最新情報をお伝えします。是非フォローしてください。

最終更新日2018年12月28日
パッチ 2.4.1








アップデート2.4.1内容

PS4版のみアップデート2.4.1によりゲーム中ランダムにクラッシュを起こす可能性がある問題が修正されました。

 

しかし、現在他のバグは多くあり

  • レイスに殴られると出血がとまらない
  • サバイバーが滑るように移動
  • クラウンの髪が伸びる
  • 共同作業のデイリーが進まない
  • トラッパーの罠解除時の音が破壊音
  • 与えられし猶予が発動しない

など、その他たくさんのバグがありますね。早めに修正されることを願います。

アップデート2.4.0内容

新キラー「リージョン」能力

リージョン

時間経過でゲージが貯まり、特殊能力「愚連の狂奔(ぐれんのきょうほん)」を発動可能。スピリットの祟りと同じようなゲージシステムです。

狂奔中のシステムは以下のとおりです。わかりにくいので一つずつ解説します。

  • 移動速度上昇
  • 窓・板(パレット)を飛び越え可能
  • 攻撃空振り時の隙を軽減
  • 攻撃した生存者に新異常状態「深手」を付与
  • 深手状態でない生存者に攻撃ヒット後ゲージ全回復
  • 終了時には約3秒スタン
  • 狂奔中は足跡を認識不可

移動速度上昇

生存者の走りを100とした場合、狂奔中の移動速度は132です。

参考までにレイスの透明時移動速度が126で、全力疾走(Sprint Burst)全力疾走など加速パークの発動中は150です。

リージョン通常時の移動速度は110で、ハグ・ハントレス・スピリットと同じ遅い部類です。他キラーは基本115(ナースを除く)

板・窓を飛び越え可能

狂奔中は生存者と同じように板と窓を飛び越えることができます。

チェイス中に板を倒されても狂奔中ならば問題ありません。

攻撃空振り時の隙を軽減

隙と呼べるものが無いレベルです。狂奔中は空振りを恐れずどんどん攻撃しましょう。

新異常状態「深手」

深手

狂奔中に攻撃した場合この「深手」状態となります。

負傷中の生存者を狂奔中に攻撃しても瀕死状態となりません。

非チェイス時にどんどん減っていき、0になると瀕死状態となります。

この瀕死状態はキラーに強調表示がいくので位置がバレます。

 

深手から回復するには自己治療仲間による治療が必要です。

自分を手当て

セルフケアが無くても自己治療が可能。治療が完了すると通常の負傷状態となります。

治療中もタイマーは減少を続けますが、治療している限り瀕死状態になることはありません。

 

その他深手に関わりそうなパークの注意点として、

ずさんな肉屋ずさんな肉屋(Sloppy Butcher)
ピエロ恐怖症ピエロ恐怖症(Coulrophobia)

で治療時間が増えることはありません。

深手の治療中は看護婦の使命看護婦の使命(A Nurse’s Calling)に反応はしないのでキラー側で採用する際は注意。

深手の治療中にアドレナリンアドレナリン(Adrenaline)が発動しても回復することはありませんでした。

深手状態でない生存者に攻撃ヒット後ゲージ全回復

深手状態ではない生存者に攻撃が当たると、狂奔可能なゲージが全回復します。

また、心音範囲内の深手でない生存者の位置が通知されるので、連続的に深手をバラまくことが可能です。

深手状態の生存者に続けて攻撃するとタイマーの約1/4が減少。0となれば瀕死状態になります。

終了時には約3秒スタン

狂奔ゲージが無くなるか、深手状態の生存者に攻撃すると「あうあう!」という声とともに約3秒スタンします。

足跡が視えない

狂奔中は生存者の走った際に残る赤い跡が視えなくなります。祟り中のスピリットと似た仕様です(こちらは姿も視えませんが)

新パーク

新キラーと生存者がリリースしたことにより新たに6つのパークが追加されました。

不協和音(Discordance)

不協和音仮リージョン顔

  • 2人以上の生存者が同時に同じ発電機を修理すると爆発通知
  • 発電機のオーラが8・10・12秒ハイライト表示される
  • リージョンをLv30にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

リージョンの能力ととても相性が良く、2人以上に深手を負わせやすい。

発電機周辺に2人居ることが確定するので、生存者全体の位置を把握しやすく強力。

リーダーリーダー(Leader)対策にもなります。割と強いパークだと思います。

狂気の根性(Mad Grit)

狂気の根性仮リージョン顔

  • 生存者を運んでいる間の攻撃失敗時の硬直を0にする
  • 攻撃命中時にもがきゲージの増加を2・3・4秒間停止する
  • リージョンをLv35にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

肉壁対策になるパークだが、肉壁されること自体が少ないため活躍は少ないだろう。

移動速度の上がる興奮興奮(Agitation)と相性が良いですね。

アイアンメイデン(Iron Maiden)

アイアンメイデン仮リージョン顔

  • ロッカーを開ける速度が30・40・50%上昇
  • ロッカーから出ると発狂し、位置が3秒間可視化表示され、12秒間の無防備状態となる
  • リージョンをLv40にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

ロッカー対策となる面白いパークだが、位置通知なため場所がわかりづらく、無防備状態も短すぎるため活躍はしにくい。

ブレイクダウン(Breakdown)

ブレイクダウン仮ジェフ・ヨハンセン顔

  • フックから脱出、または救出されるとフックが破壊される
  • 殺人鬼のオーラが4・5・6秒可視化される
  • ジェフをLv30にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

再度同じフックに直ぐ吊るすことが出来なくなるため、キャンプ対策となりうるパーク。

吊られていればキラーの位置は大体分かるため可視化能力はおまけ程度でしょう。

解放解放(Deliverance)と組み合わせると面白いかもしれません。

アフターケア(Aftercare)

アフターケア仮ジェフ・ヨハンセン顔

  • 救助した&された、または治療を完了した&された生存者との間に相互リンクが生成される
  • リンクが生成されると互いにオーラが常に可視化される
  • 他生存者とのリンクは最大で1・2・3個生成される
  • フックに吊るされるとリンクはすべて消滅する
  • ジェフをLv35にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

絆絆(Bond)共感共感(Empathy)に並ぶかなり有効な仲間探知パークだと思います。

距離は無制限で一方的な探知ではなく、互いにオーラが視えるようになるため連携が取りやすく非常に強力です。

ディストーション(Distortion)

ディストーション仮ジェフ・ヨハンセン顔

  • トークンを3個所持してゲームを開始する
  • 自分のオーラが殺人鬼に見られる可能性がある時にトークンを消費して効果発動
  • 発動時6・8・10秒間あなたのオーラと足跡は殺人鬼に表示されない
  • ジェフをLv40にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

あのバーベキュー&チリバーベキュー&チリ(Barbecue & Chili)を無効化することが可能。

他にも看護婦の使命看護婦の使命(A Nurse’s Calling)や各種アドオンでオーラ表示されることは多々あるので有用性は高いと思います。

新マップ「オーモンド山のリゾート」

オーモンド山のリゾート

中央に大きな2階建ての固有建物がある。地下室は汎用小屋と固有のどちらかに生成。

2階建物も汎用丘もありますしスマートな着地スマートな着地(Balanced Landing)は死なないマップでしょう。

キラー目線では破壊した発電機の火花が雪のせいで確認しづらいなぁと感じました。

黒色のクローデットやアダムが隠密するマップばかりでしたがここでは目立ってくれるといいですね。

その他調整点

その他に気になった調整点をピックアップしておきます。

ロッカー内のオーラ可視化不可

ロッカー内に居る生存者のオーラを視ることができなくなりました。

これによりバベチリ持ちが想定される場合は吊られる前にロッカーに入るという選択肢が生まれますね。

また、殺人鬼に対してだけでなく生存者からも視えないことを確認しました

治療とみなされない行為の変更

ドクターの狂気状態から覚める行為が看護婦の使命看護婦の使命(A Nurse’s Calling)可視表示不可となりました。

また、ナイトメアの夢見状態からの覚醒(仲間に覚ましてもらう時)も同様に可視表示されなくなりました。

深手の治療中は視えないという仕様との巻き添え?のような形でドクターがひっそりと弱体化されました。

ナイトメアの覚醒が治療行為だったことを知っていた人は居るのかな?知りませんでした(笑)

与えられた猶予(Borrowed Time)の仕様変更

与えられた猶予ビル顔

  • 心音範囲内でフック救助をすると救助された仲間へ効果発動
  • 救助後の15秒間に瀕死状態となる攻撃を受けると深手状態になる
  • 生存者には10・15・20秒間の治療時間が与えられる
  • ビルをLv35にすることによりティーチャブルパークとして取得可能
  • ※PS4版ではビルが居ないので共通パークとして扱われ、ブラッドウェブに最初から出現します


前までの仕様が深手状態に変更。遅れて受けていた時間が15・20・25秒から出血タイマーの10・15・20秒に変更された。

深手状態はチェイス中タイマーの進行はなく、セルフケアがなくとも自己治療が出来るので、時間は短くなりましたが強化されたと言えるでしょう。

陽動(Diversion)の強化

陽動アダム・フランシス顔

 

  • 追跡中ではない殺人鬼の心音範囲内に45秒間いると効果が発動
  • 発動後、しゃがんだ状態で動かずにいると小石を投げることができる
  • 小石は10・15・20m前方に投擲可能で殺人鬼に対し通知と偽の足跡を生成
  • アダムをLv35にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

石を投げた先に足跡が生成されるようになりました。どの程度かは確認していませんが、一応強化されたことになります。

アップデート2.3.3内容

2018年11月6日に2.3.3に更新されました。

スピリットの祟り中かどうかの判別が難しくなりました。スピリットがどんどん強化されますね。

アップデート2.3.3
  • スピリット:フェイズウォーク準備中、抜け殻のモーションをなめらかに変更
    ※能力を発動しているか否かを生存者が見極めるのがより困難に
  • 他は細かいバグ修正です

アップデート2.3.2内容

2018年10月27日に2.3.2に更新されました。

イベントのルール変更に伴った修正です。

アップデート2.3.1
  • 殺人鬼・生存者がそれぞれ60本ずつ蜜を集められるように見える表示を修正
  • 蜜を集めている途中で殺人鬼・生存者の陣営を切り替えて収集を再開すると途中までの分が消失する現象を修正

アップデート2.3.1内容

2018年10月19日に2.3.1に更新されました。

細かいバグを修正したのみです。

アップデート2.3.1
  • 自己治療や破壊工作の行動スピード低下効果が、その行動に救急箱や工具箱を使うと、関係ない行動にまで影響するバグ修正
  • しゃがみながらロッカーに入るとカメラが地形の外に飛ばされるバグ修正

アップデート2.3.0内容

2018年10月17日に2.3.0に更新されました。

パーク調整やマップの変化など変更点が多くあります。

特に大きな変更は治療時間の増加窓枠の飛び越え仕様でしょう。

全体的にはキラー強化、生存者弱体化でしょう。

新要素

  • タイトル画面にログインの進行状況の表示情報を追加
  • 生存者&殺人鬼:マッチ中、装備しているアドオンを画面に表示する機能追加
  • 生存者&殺人鬼:マッチ中、使用されたオファリングをポーズ画面で表示する機能追加
  • イベント中入手できるオファリング・アイテム・スキン専用の新たなレア度を追加
  • ストアのフィルタ設定に「アーティファクト」「イベント」を追加

タイトル画面にログインの進行状況の表示情報を追加

タイトル画面

以前はただ待つだけでしたが、ちゃんと読み込んでいることがわかるように。

装備しているアドオンを画面に表示する機能追加

アドオン表示

生存者と殺人鬼共にプレイ画面でアドオンが常に表示されるようになりました。

配信や動画でもアドオンが見ればわかるようになるのはありがたいですね。

使用されたオファリングをポーズ画面で表示する機能追加

ポーズ画面

ポーズ画面でオファリングが確認できるようになりました。

バランス調整

  • “Moon Bouquet”系オファリング(月光の調整)を完全に削除
  • ブラッドウェブのLv 2~4でパークを取得できるように
  • 走りながら窓枠を越えるアクションの発動条件を調整(最低2.5m直線で走り窓枠に飛び込む必要あり)
  • 生存者をフックに掛ける時間を2→1.5秒に変更、アニメーションも変更
  • マッチ開始時、生存者が殺人鬼の近くで開始する確率を減少

“Moon Bouquet”系オファリング(月光の調整)を完全に削除

以前より入手不可になっていたマップの明るさを調整できるオファリング

新月の花束新月の花束(New Moon Bouquet)含む4種が完全に削除された。

ブラッドウェブのLv2~4でパークを取得できるように

以前はレベル2~4ではブラッドウェブにパークは出現しませんでしたが、出現するように。

キャラクターを新しく育てる時に少しだけパークを集めやすくなりました。

走りながら窓枠を越えるアクションの発動条件を調整

アクション名

アクション名は乗り越える走行跳躍に分類されるようになった。

窓枠を素早く飛び越えるには最低2.5m直線で走り窓枠に飛び込む必要がある。

色々な角度も試したが、最低45度以上の角度で窓枠に飛び込まなければ走行跳躍しないので注意。

生存者をフックに掛ける時間を2→1.5秒に変更

キラーには嬉しい調整です。ヌルっと素早く吊るすようになりました。

マッチ開始時、生存者が殺人鬼の近くで開始する確率を減少

殺人鬼プレイ時、ゲーム開始時に生存者がもう見えてる、なんてことがありましたが確率が減少するようです。

音関連

  • スピリットのフェイズウォーク(山岡の祟り)中の音声を調整
    スピリットの肉体の脅威範囲内にいる生存者はフェイズウォーク音が聞こえないように
    範囲外にいる生存者は聞こえるが、方角は判別不能に
    フェイズウォーク中、呼吸音が生存者に聞こえないように
  • レイス・シェイプ・ハグ・ナイトメア・ピッグ・スピリットの足音の音量を低下

スピリットのフェイズウォーク(山岡の祟り)中の音声を調整

スピリットの最終調整といったところでしょうか。

フェイズウォーク中のスピリットの居場所が判別しにくくなりました。

以前の状態でも音による判別は難しかったと思うので強化というほどではないと思います。

足音の音量を低下

隠密系?の殺人鬼の足音が減少。

透明化レイスは足音で気づくこともあるので影響は大きいかもしれません。

フック・板・トーテム関連

  • フック生成の最少&最多数が固定されるように
  • フック間の最低距離を20mに設定
  • フック関連のオファリングはフック生成の最小・最多数を調整する効果に変更
  • 様々な建物にフックの出現可能ポイントを追加
  • 板同士の最低距離が14・16・18・20mのいずれかになるように
  • 丘の上のトーテムを見づらく調整

フック関連

フックの最低距離が20mとなって最小数が固定されたことにより「吊るところねぇ~!」といった事態は減るかと思われます。

丘の上のトーテムを見づらく調整

丘の上に呪いのトーテムがある場合、かなり遠くからでも判別可能でキラーがかわいそうでしたが、それが無くなったようです。

マップ関連

  • ギデオン精肉工場
    パレットをわずかに移動または再配置して可視性を高めた
    地下フロアの隅に迷路地形(ジャングルジム)が生成されるように
    最小パレット数が15枚に
  • ハドンフィールド
    背の低いフェンス(白いトゲトゲと生け垣)はには穴が開くように
    背の高いフェンスだけが完全に庭を囲うように
  • レリー記念研究所
    治療室に通じる2つの窓が同時に生成されないように位置を修正
  • コールドウィンド・ファーム
    豚がぶら下がっている木の周りに塀がある固有地形のサイズを小さくし、窓枠の前に障害物を設置
  • ペイルローズ
    マップ設計を縮小、小型ボートを移動
  • おぞましい貯蔵室
    マップ設計を縮小、ドックを追加

マップに関してはれぷちん氏の動画がわかりやすいので貼っておきます。

PTB版のマップですが内容はほとんど同じです。

ギデオン精肉工場

板の枚数が少ないマップでしたが最低15枚生成されるようになり、チェイスはしやすくなったようです。

ハドンフィールド

背の低い白い柵は中に入れる場所が中々無いことが多かったですが入り口が増えました。

レリー記念研究所

部屋に2つ以上の窓枠が生成されなくなり、強ポジが減りました。

コールドウィンド・ファーム

豚が吊り下がっており、石垣の板1つと窓枠1つでぐるぐる回れるポイントがありましたが、石垣の高さが低くなってキラー側はチェイスが楽になりました。

ペイルローズ

かなり広いマップでキラーがつらいマップでしたが縮小され以前より楽になるでしょう。

おぞましい貯蔵室

こちらも縮小でキラーは楽に、ペイルローズ限定だったドックが追加されました。

ドックは木で出来た縦長の建築物。下部が迷路のような場所で、ロッカーと発電機が生成されるポイントのことです。

ライト関連

  • 懐中電灯の当たり判定を改善
  • 目眩ましが成功した時と目眩まし効果が適用されているのが鮮明になるようにフィードバックを改善
  • 懐中電灯や爆竹で目眩ましを受けた時のエフェクトを変更

ライトはしっかり頭を狙わないと発動しなくなったようです。

キラー視点で真っ白な画面は廃止され、モヤモヤ~とした画面になりました(以前より目に優しい?)

治療関連

  • 基本治療時間を12→16秒に変更
  • 重症ステータスの効果を-25→-20%に変更
  • 治療キットとそのアドオンは治療時間が伸びた分のチャージ量を増加
  • 瀕死時の最大自己回復を85→95%に変更、回復速度を40→50%に増加

治療時間の変更は生存者にとてつもなく大きい影響を与えますね!

治療時の時間を以前と比べてまとめてみました。

以前 現在
仲間の治療 12秒 16秒
自己治療 24秒 32秒
重傷時の仲間治療 16秒 20秒
重傷時の自己治療 32秒 40秒

セルフケアは今後も使われ続けるでしょうが、通常負傷でも以前の重傷時と同じ32秒かかります。

キラー側としては傷つけておくだけでもかなり遅延効果が期待できます。

治療キット

回復時間が伸びたため、1回分は回復できるようにする為の調整です。

瀕死時の最大自己回復

これも回復量が増えた影響による調整でしょう。

見た目95%なので以前より回復できますが、治療速度が下がっているので、立ち上がるまでに治してもらう時間はほとんど変わりません。

破壊工作関連

  • 工具箱でのフック、罠破壊における効率ペナルティを廃止
  • 生存者によるイベント専用フックに対する破壊工作を無効化


以前からフックと罠は自動修復されるようになった為、壊しやすく調整。

イベント用フックを壊せるのはおかしかったので良い調整でしょう。

エンブレム関連

  • すべてのサバイバーを少なくとも一度ずつ吊っていれば、最低でもブロンズエンブレムが貰えるように
  • フックに吊るされたサバイバーから16メートル以内に居続けると、このエンブレムの評価が下がるように

全員吊ったのにブロンズすら貰えないの!?ということが無くなりました。

2つ目はキャンパー対策ですね。

これによりキャンプすると貰えるBPは下がってキャンパーが減る一因となるでしょう。

生存者パーク

サボタージュ(Saboteur)

サボタージュジェイク

  • 工具箱無しでフック、罠を50%の速度で破壊できるようになる
  • フック、罠の自己修復にかかる時間を10・20・30秒増加させる
  • ジェイク・パークをLv40にすることによりティーチャブルパークとして取得可能


工具箱を用いたフック、罠破壊の調整に合わせて変更。

自己修復時間を増加させるおまけが付きました。

警戒(Alert)

警戒フェン・ミン

  • 殺人鬼が板・発電機の破壊を行うと効果が発動
  • 殺人鬼の姿を3・4・5秒間可視化する
  • フェン・ミンをLv35にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

以前は効果範囲がありクールタイムもあったため、ほとんど使われていなかったパーク。

探知系パークとしてかなり優秀なのではないだろうか?

5秒可視化はかなり長く、破壊行動を行ったあとに向かった方向まで見える。

絆(Bond)

絆ドワイト・フェアフィールド顔

  • 2028・36m内にいる他生存者を可視表示化する
  • ドワイト・フェアフィールドをLv30にすることによりティーチャブルパークとして取得可能


以前はレベル1が12m、レベル2が24mとレベル1で使う意味ある?という短さが改善された。

鋼の意思(Iron Will)

鋼の意思ジェイク

  • 負傷時の呻き声の大きさを50・75・100%少なくする
  • Lv3の場合、瀕死状態を除いて常に呻き声が出なくなる
  • ジェイク・パークをLv30にすることによりティーチャブルパークとして取得可能


以前レベル1,2では動いていない時限定だったのを削除。

レベルが上がると呻き声の大きさが小さくなっていくよう修正。

植物学の知識(Botany Knowledge)

植物学の知識クローデッド・モレル

  • 治療速度と治療アイテムの効率が11・22・33%上昇する
  • クローデッド・モレルをLv35にすることによりティーチャブルパークとして取得可能


以前は10・15・20だったが、治療速度の低下により強化。

あまり採用されていなかったが、今後は採用されることが増えそう。

唯一の生存者(Sole Survivor)

唯一の生存者ローリー・ストロード

  • 他生存者が死亡するたび、殺人鬼から(20・22・24 × 死亡人数)m以内で殺人鬼から自分のオーラが視えなくなる
  • 効果発動時にはアイコンがアクティブになる
  • 複数のオブセッションの要因がある場合、自分になる確率を上昇
  • ローリー・ストロードをLv30にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

以前は16・18・20 × 死亡人数だった距離が増加。

キラーがバベチリやナースコール等可視表示系パークを付けていなければ意味がなかったが、アイコンが光ってアクティブになるよう変更されたので効果を発揮していることがわかるようになった。

リーダー(Leader)
不寝番(Vigil)
都会の生存術(Streetwise)

リーダードワイト・フェアフィールド顔

不寝番クエンティン・スミス顔

都会の生存術ネア・カールソン

近くの仲間にも効果を及ぼすパーク達であるが、効果範囲から外れても15秒間効果が残るようになった。

リーダーは採用率も高いので影響は大きそう。仲間のそばを通ってあげると効率があがりますね。

殺人鬼パーク

呪術:誰も死から逃れられない(Hex:No One Escapes Death)

誰も死から逃れられない

  • 発電機の修理を全て終えると効果発動
  • 発動すると、通常トーテムの1つが呪いのトーテムに変化
  • 攻撃の再使用速度が4・8・8%上昇・移動速度が2・3・4%上昇
  • 全ての生存者は無防備状態となり、一撃で瀕死状態にできる
  • この効果は付与された呪いのトーテムがある間持続する
  • 共通パークなので最初からブラッドウェブに出現


レベル3でのみ無防備状態だったが、1と2でも無防備に。

レベル3はベリーレアなので取得まで時間がかかったが、これなら1でも即採用するだろう。

よく使われているパークだが、ますます使われるようになるだろう。

選択は君次第だ(Make Your Choice)

選択は君次第だピッグ

  • フック救助時に32m以上離れてる場合、効果発動
  • フック救出を行った生存者を40・5060秒間、一撃で瀕死状態にする
  • 吊られたフックから32m以上離れているとアイコンが光る
  • ピッグをLv40にすることによりティーチャブルパークとして取得可能


距離は一定となり、レベルによって効果時間が伸びるように変更。

また、発動条件の32m離れているかどうかアイコンで判別可能になった。

猛獣(Beast Of Prey)

猛獣ハントレス

  • 血の渇望発動中、視線表示(赤い光)が消滅する
  • 狩猟カテゴリのBPが30・40・50%増加する
  • ハントレスをLv30にすることによりティーチャブルパークとして取得可能

15・20・25秒の制限時間があり、クールタイムもあったが全て削除され、渇望中は常に消えるようになった。

BP増加のおまけ付き。

アップデート2.2.2内容

2018年10月5日に2.2.2に更新されました。

クラウンのスキンのバグを修正したのみです。

アップデート2.2.2
  • クラウンの新スキンの帽子が、カメラに映り込んでしまう問題の修正

アップデート2.2.1内容

2018年9月28日に2.2.1に更新されました。

今回のアップデートは細かいバグ修正などが大半で、大きな調整点は以下の2点です。

アップデート2.2.1
  • ハントレス:2.2.0で行われた手斧の当たり判定調整を2.2.0以前にロールバック
  • スピリット:山岡の祟りのリチャージ時間を20→15秒に変更

 

ハントレスの手斧の当たり判定が2.2.0で生存者の見た目の姿にしか当たらないように縮小(弱体化)されていましたが、戻されました。

つまり、ハントレスの手斧が強化されました。(以前に戻っただけ)

 

スピリットは祟りのチャージ時間が15秒と短くなり、強化されました。

スピリットは個人的なプレイ感で言うと弱すぎでもなく、強すぎる訳でもなくといった感じです。

チャージ時間の5秒短縮はありがたいですね。

しかし、これだけでものすごく強くなる訳でもないので良い調整だと思います。

AmazonYahooショッピングにはこの他にも面白いDead by Daylightのグッズが沢山あるので、一度見てみることをオススメします。







-Dead by Daylight, 知識 読み物 その他
-




プロフィール
プロフィール

管理人のびろり(@Birori_7144)です。

麻雀で生活→ポーカーで生活→株取引で生活

のらりくらりやっています。