Dead by Daylight 背景・過去・設定など

【Dead by Daylight・DbD】クラウンの過去や実在したモデルまとめ

投稿日:2019年3月17日 更新日:

【Dead by Daylight・DbD】クラウンの過去や実在したモデルまとめ

Dead by Daylight(デッドバイデイライト、DbD)のキラー「クラウン」。彼がなぜピエロの扮装をしているのかが、その背景によってわかります。そして、モデルの実在した人物についても紹介します。



クラウンの基本情報

本名:ケネス”ジェフリー・ホーク”チェイス
愛称:“The Ringmaster”“The Medicine Man”
性別:男
出身:アメリカ(白色人種)
根城:クロータス・プレン・アサイラム
武器:マダム・バタフライ
能力:狂言のトニック
声優:Sébastien Duval

 

クラウンの過去

1932年、ケネス・チェイスは難産の末に誕生したが、その時に母親を失った。この出来事は彼と父親との間に埋まることのない溝を生むことになる。ケネスが成長していくにつれ、父の恨みの感情と酒癖も悪化していった。ケネスが学校に通う頃になると、二人はほとんど別々の人生を暮らし始める。

学業の面では、彼は凡庸だったが、運動能力は秀でていた。身長が高く、力も強くなり、トラック競技を得意としていたが、彼はどんなチームスポーツへの勧誘も拒み続けた。

学校からの帰り道、ケネスはよく地面に落ちている羽を見つけ、やがてコレクションを始め、集めた羽を葉巻の箱に入れてベッドの下にしまうようになった。父親は仕事に出ているか、酒で意識を失っているかのどちらかであるため、ケネスは何時間も一人で過ごしては、羽の軸から生える羽毛の規則性や、唇に当てた時の柔らかい感触に魅せられていた。庭のバードフィーダーにやってくる鳥を見ながら、彼はその鳥たちがどれだけ柔らかいのか想像し、一匹捕まえようと心に決めた。ケネスは地元の歯科医に取り入り、麻酔薬を手に入れた。自分の手で触れるように鳥を気絶させるために、彼はその麻酔薬を使ってフィーダーに罠を仕掛けた。

何度かの失敗の後、ケネスは一羽のロビンを捕獲した。手の上に横たわる鳥…。その命は自分の意のままなのだ。突然、彼は感情のほとばしりを感じた。麻酔薬が切れた時、彼はそれを逃がしてやるつもりだった。だが、目をピクピクさせて意識を取り戻したロビンがもがき始めた時、ケネスは握っている手の力を緩めなかった。彼の指がロビンの喉の周りをゆっくりと締め付けていき、ついには胸の羽の動きが完全に止まってしまう。ケネスは死骸を処分し、1本の羽だけを取っておき、古い”偽り”のコレクションを捨てて、新しいコレクションを始めた。

1940年代の後半、ケネスは学校をやめ、地元の食堂で給仕として働き始めた。そして、彼の獲物はリス、アライグマ、犬など、より大きなものへエスカレートしていき、それぞれの麻酔薬の調節にも熟達していく。

1954年の前半、一人の若者が行方不明になり、町をひっくり返しての捜索が行われた。その2、3ヶ月後、家の床下で作業をしていたケネスの父が葉巻の箱を見つけた。それをこじ開けて彼が見た驚愕の中身は、鳥の羽、動物の足…そして、人間の指だった。

仕事から戻った時、ケネスは父が葉巻の箱を持って床下から出てくるのを目にした。彼は踵を返して立ち去り、二度と家には戻らなかった。

数週間、厳しい生活を続けた後、彼は旅回りのサーカス団に出会い、その並外れた力の強さからロープを扱う仕事を与えられた。この時から、彼は新しい名前、ジェフリー・ホークを名乗るようになる。

突然、緊密な集団の中に身を置くことになった”ジェフリー”は、社交することを覚えなければならなかった。彼はまるで変装するかのように、新しい人格を身に着け、すぐに魅力的で頼りになる男として、新しい仲間に受け入れられた。

その後10年間、ジェフリーはサーカス団の一員として、アメリカ中を旅した。しかし、そのような巡業生活の弊害から、彼は悪癖に陥り始める。酒、ジャンクフード、ドラッグ…彼はそのすべてに耽溺した。しばらくの間、これらの悪癖は彼を満足させていたが、やがてかつての衝動が戻り、流浪者としての彼の存在は、再び殺しを始めるための隠れ蓑となった。ジェフリーはサーカス芸人の衣装とメイクを盗み、変装を施して犠牲者に近づき、彼らを麻酔薬で眠らせて自分のキャラバンまで運び込んだ。縛られてどうすることもできない犠牲者が目を覚ました時、ようやくジェフリーの楽しみが始まる。彼らの叫び声に煽られるかのように、彼は精神的、肉体的に責め苦を与え、やがて彼らは夜の中に消え失せていく。

犠牲者の力が最も弱まった時、ジェフリーは一番きれいな指を注意深く探し、一番おいしい指をみつけるために自分の舌の上に当てた。最高の指を見つけると、彼はそれを手から切り落として、誇らしくコレクションに加え、死体は値打ちのない廃物として処分した。

老若男女…彼は選り好みしなかった。良いコレクションの本質とは、多彩さであり、そのものにまつわる記憶や物語なのである。

彼が衣装を脱ぐことは徐々に少なくなっていき、同時にかつての自己も捨て去り、道化師の人格を完全に本当の自分として受け入れるようになった。

そのうち、ジェフリーは不注意でぞんざいになった。彼が酔っぱらって寝ている間に、一人の犠牲者が拘束をほどき、助けを求めて叫びながら逃げ出した。彼が目を覚ました時、サーカス団の者たちが彼に迫ってきていた。彼は馬に鞭を打ち、彼のキャラバンは夜の中へ消えていった。

その後、彼は寄生虫のようにカーニバルやサーカスについて国内を放浪したが、彼の名前が興行のビラに載ることは決してなかった。彼は自分に近づく勇敢な(そして愚かな)者たちを罠にかけ、彼らが行方不明として捜索される前に、次の場所へと移っていった。

旅の途中のどこかで、ジェフリーはアメリカの普通の道路から外れ、霧のベールを潜り抜けて、新たな世界に足を踏み入れていた。そこははかない無常の地であり、彼が選んだ人生には最適の場所だった。かつて得たことのない自分の居場所には彼は野営を設置し、最初の訪問者を待ち受ける。

クラウン キャラクター情報 背景より

一羽の鳥を殺してから、生命を意のままに操れることに快感を覚える。殺す動物の大きさはエスカレートし、ついには人間に手を下す。

犠牲者達に意識がある時がクラウンお楽しみの時間。犠牲者が力尽きた後に一番きれいな指を舌の上で味わい、切り落として指をコレクションし始めた。

エンティティによって連れてこられた、この霧の世界はクラウンにとっては最高の場所だったようです。

クラウンのメメント・モリ

指を切り落として舐めた後、しまってコレンクションするという衝撃のメメントモリ。

クラウンの元ネタ・モデル

クラウンのモデルは、実在した大量殺人犯「ジョン・ゲイシー」という説が有力です。

ジョン・ゲイシー

ピエロジョン・ゲイシー

ジョン・ゲイシー – Wikipediaより

普段はパーティーなどで子供たちを楽しませるため、ピエロに扮装していたことから「キラー・クラウン」との異名を持つ。

少年たちを家に誘い性的暴行を加えた後に殺害し、遺体を自宅地下に埋めるなどの方法で遺棄、33名を殺害した。

床下に埋めていた腐敗しきった死体から発生していたメタンガスはあまりにも危険で、現場の警官は激しい目眩と吐き気を覚えた。

衛生局の分析では命に関わる危険な物質が大量に発見され、警察署の死体保管所はガス室と化しました。

まとめ

以上、クラウンについてでした。

モデルが実在した人物というのは恐ろしいですね。

他キラーの過去が気になる方は「キラーの過去、元ネタ、素顔など紹介」へ

DbDにはTシャツやパーカー、その他コスプレグッズなどがたくさんあります。

AmazonYahooショッピングにDbDグッズが多くあるので、是非一度ご覧になってみて下さい。

おすすめ記事

-Dead by Daylight, 背景・過去・設定など
-, , ,


コメントする