生活

坊主になってわかった5つのメリットとデメリット

投稿日:2018年4月7日 更新日:

髪の毛って要る?って自分の中で疑問になり、でもやってみたら思わぬデメリットが意外とたくさんあるのかなあと考えていて、いきなり坊主になるのは中々勇気が必要だったが、思いきって実際に坊主にした。

ある程度過ごしてみて感じたメリット、デメリットをまとめました。

メリットは感じているが中々踏み切れない人は参考にしてみてください。




メリット

坊主頭

自宅で好きな時間に髪を切れる

バリカンを買ってしまえば好きな時間に、自宅で、自分で、刈ることができる。耳周りはちょっとコツが必要だが頭にまんべんなく当てるだけなので失敗することはない。

定期的に美容室などを予約して…出向いて…というのは必要なくなり、日常の面倒が一つ減りました。

散髪代、その他節約

バリカンを買ってしまえば替刃代(2年くらい持つ)ぐらいで、美容室代などは一切かからない。

毎日整髪料などを使っていた人はそれもかからなくなるし、シャンプーの使う量もめちゃくちゃ減った。

シャワー時間が短くなる

頭を洗う時間ってけっこうかかっていたみたい。坊主にする前は「シャワー入らなきゃ~でもめんどくさい~」ということがあったが、10分かからなくなったのでそういうことは減り「とりあえずシャワー浴びよ!」ってなった。

ドライヤーも使わなくなって髪を乾かす必要がないのはかなりストレスフリー!

髪型セット必要なし、寝癖なし

「髪セットしなきゃ~」「寝癖直さなきゃ~」というストレスからは開放。寝癖を直すのは一度濡らしたり整髪料を使わなきゃ直せなかったが、坊主になった今、あの時間は何だったんだろう・・・という感じ。

薄毛、白髪対策

自分はまだ薄毛にはなっていないが、そのうち薄くなってくるとは思う。坊主にしてれば目立たないし薄くなってきた感も減るはず。

短いので白髪は目立たなくなる。染めてる人はその必要もなくなると思う。

デメリット

坊主頭怒

髪の毛の処理方法

毎日刈る場合は風呂場や洗面台でも問題なさそうだが、10日以上のスパンになるとそこそこの毛量がでるので風呂場では詰まる恐れ。

自分はフローリングのリビングで全裸で刈ってそのままシャワーに入った後、掃除機をかけている(笑)

新聞紙などがない場合はとても困るかもしれない。セルフカット用の散髪ケープもあるので試してみる価値はありそう。

ファッション、オシャレはできない

当たり前だがアレンジの幅は狭い。髪の毛を色々いじってオシャレはできなくなります。

汗を止めるものがないのでどんどん顔に垂れてくる。髪の毛はかなり汗が垂れるのを防いでいたことがわかる。

暑い、寒い

長さにもよるが、夏は直射日光がキツく、冬は単純に寒い。どちらも帽子をかぶれば済むのでデメリットに感じてはいない。

似合う似合わないがある

自分は幸い頭の形がキレイで、似合うとよく言われる。角ばっていたり、へこんでいたりする人は坊主には向かないだろう。

また、ヒゲを生やして、睨むような顔をするとさすがにイカついなと思う。初対面の人に怖い人と思われてしまう可能性があるが、人間力でカバーしたい。

まとめ

メリット
・自宅で好きな時間に髪を切れる
散髪代、その他節約
シャワー時間が短くなる
髪型セット必要なし、寝癖なし
薄毛、白髪対策
デメリット
・髪の毛の処理方法
オシャレはできない

暑い、寒い
似合わないかもしれない


もうとにかく楽!これに尽きます。
髪の毛って本当に必要か?とまで思う(行き着く先はスキンヘッド?)

日光から守るため、暖かいから、なんてことを考えて髪の毛を伸ばしている人なんて居ないだろう。

オシャレに特に関心がなければ本当にオススメ。他のデメリットは対策すればなんとかなるものばかり。

自分は今後もう一生、坊主で人生を過ごしていると思う。

バリカンは防水でコードレスがおすすめ。自分はPanasonic製のものを使っている。







-生活
-

プロフィール
プロフィール

管理人のびろり(@Birori_7144)です。

麻雀で生活→ポーカーで生活→株取引で生活

のらりくらりやっています。